Takaのお気楽堂へようこそ!
このブログは様々な情報を発信する「雑誌ブログ」をモットーに開設しました。
ぜひ気軽に見ていってもらえると幸いです!

You Tubeにあるコメント欄の民度の低さは異常

ネット SNS

どうも皆さん、Takaです!

今回は少し愚痴を交えた話題について語りたいと思います。

正直今更話題にすることではなく、もともと書くか迷っていたのですが、個人的に気に障ることがあったので記事にする結論に至りました。

僕の独断と偏見でお話しているので、異なった意見や「いやいや、お前は全然わかってない」といった批判は大歓迎です。

是非コメント欄にお寄せください。

You Tubeはもはや生活の一部?

さて、皆さんはYou Tube、ご覧になっていますか?

You Tubeといえば皆さんご存じのように、2006年にサービスを開始して以来、飛躍的な成長を遂げている動画配信サイトです。

また、You Tubeで動画を配信する人のことをYou Tuberと呼ばれていることもよく知られていますよね。

日本ではヒカキン氏を筆頭に多くのYou Tuberが存在し、一種のエンターテインメントとして成立しているといえます。

ネットが現代における娯楽の主流になった現在、You Tubeニコニコ動画ツイキャスなどと並んで身近なものとなりました。

その点は何の問題もないのですが・・・

荒れに荒れているYou Tubeのコメント欄

You Tubeには動画を観ることができるだけでなく、観た動画に評価、コメントを書くことが可能です。

つまり、視聴側は自由に批判してもいいというわけです。

ただ、そのコメント欄の自由度の高さが災いして、低レベルな口喧嘩や誹謗中傷が繰り広げられ、非常に不快なことになっているという現状があります。

勿論、You Tubeを利用しているユーザー全員というわけでなく、ネットリテラシーに欠けた一部の子どもや常識のない大人によるものです。

例として挙げるならば、ゲームのプレイ動画に対して「あまり上手くないですね」と批判したところ、「じゃあお前が上手い動画あげろよ」などと噛みついたりするわけです。

確かに批判のしかたはあまり誉められたものではありませんが、動画を観た感想を述べるのは自由です。(そのためのコメント欄)

それに対して喧嘩腰でいきなり噛みついたところで、どうするの?と僕は想うんですよね。

「っていうか相手にしなくていいじゃん」って思うんですよ。

ただ、この程度ならまだ序の口で、コメントしたユーザーに対して喧嘩腰で反論してくる配信者や信者もいるのだから本当に酷いものです。

「嫌なら観るな」

噛みついてくる配信者や信者が決まって口にする言葉ですが、これって「もうなにも言えません。」、「負けました」って言っているのと同じですからね(笑)

観てる側からすれば「いや、動画観ないとコメントすらできないでしょ(笑)」ってなりますよね。

結局批判されるのが不快で、自分を否定するなと言いたいだけ。

自ら器の小ささを露呈しているわけです。

動画というのは必ず観る人間がいて、人それぞれ感想が出るのは自然なことです。

当然そのなかには批判もあるでしょう。

その批判(誹謗中傷、暴言は除く)も全力で受ける覚悟がないなら、動画を配信する資格はないと思います。

別に崇拝するわけではありませんが、僕がチャンネル開設当時からずっと観ているYou Tuberのシバター氏は大勢のアンチを抱えているにも関わらず、全く気にしていません。

それどころか、彼の場合炎上商法によって得たアンチを金に換えるぐらいのことをやってのけています。

www.youtube.com

炎上商法が正しいのかどうかは別として、このメンタルの持ちようはYou Tuberに関わらずネットで活動するものとしては重要なことであるし、見習うべきだと僕は思いますね。

2014年には、You Tuberとして活動していたSyamu GameのSyamu氏が、投稿した動画の内容、容姿などのさまざまな悪口が2ちゃんねるで書かれ、大勢のアンチやネカマに散々ネット上のおもちゃにされたためにYou Tuberを引退しました。

www.youtube.com

彼の場合はYou Tuberとしての批判だけではないものの、やはり、

「アンチになんか負けるか。お前ら全員の批判すらも金に換えてやるよ!」くらいの意気込みがなければやっていけないということがよくわかりますよね。

日本人はコメント禁止?

おそらくゲームが好きな人であれば気付いていると思うのですが、

You TubeにUPされた新作ゲームのPVってなぜかコメントできないようになってますよね。

あれ実はね、海外だと普通にコメントできるみたいです。

ではなぜ日本はコメントできないかというと、

あまりにもズレた批判やネガキャンが多いからです。

「こんなのモンハンじゃない。」、「クソゲー臭がする。」など、

そういうコメントしかできない奴らと思われているわけです・・・

これはもう民度の問題なので、全員が悪ということではありませんが、日本人がそういう風に思われているなんてすごく悲しくないですか?

勿論、批判すること自体は間違ってないです。

ただ、「なぜダメなのか、ここをこうしたらもっと良くなるのではないか」

というように建設的な批判をするように心がけることが大事であると思います。

これは別にYou Tubeに限った話ではなく、amazonApp Storeの商品レビューでも同じこと。

どんな批判をすればいいのか・・・

その点を人それぞれでしっかり考えていくことがこれから重要なことであると思います。


ネット SNS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takaをフォローする
スポンサーリンク
Takaのお気楽堂

コメント

  1. わさび より:

    動画にせよ紙のアンケートにせよ、日本人コメントの程度の低さ、は少なくとも5年前にはすでにかなり問題になってましたね。
    自由に批評できる、の自由をはき違えている人が多いのでしょう。例えば路上で絵を売っている人がいたとして、その絵が気に入らないからといってクソだの死ねだのその場で暴言を吐いたら間違いなく頭のおかしい人ですが、ネットだとそれが許されると思っている人が日本人には異常に多い。「あまりうまくないですね」さえまもとな人は言わないのでは?言うとしたらまさに最後に仰っているように、建設的な意見でしょう。「あまりうまくない」はただの主観でしかないし、なぜそう思うのかさえ相手に説明できないなら、そもそもそれは批評でもなんでもありません。ただの幼稚な発言であり、わざわざ口にすべきではないです。
    「ネットリテラシーに欠けた一部の子どもや常識のない大人」つまり書き込んだ人たちだけが悪いように書かれていますが、私はそうは思いません。例えば外国人は日本人のyoutubeコメントを見て「日本人はなぜこんなひどいコメントを書けるのか。なぜそれを誰も注意しないのか」という言い方をよくします。実際海外のコメント欄では日本人よりはるかにソフトな批判であっても、その場で「その言い方はよくない」と注意する人が少なからずいます。日本人で注意している人は滅多に見ません。スルーしているだけの大勢の人は、このひどい風潮を黙認しているのと同じではないでしょうか。
    ただ、日本人の程度の低さはすでに救いようのないところまできているかもしれません。もし試したことがなければ、何度かコメントに直接注意してみてください。もっと次元の低い問題がすぐに見えてくると思います

  2. god0309 より:

    わさびさん、コメントありがとうございます。
    この時代、いや、いつの時代でもごもっともな意見ですね。
    確かにネットのような実名が出ないもので暴言吐いても大丈夫・・・みたいな風潮は明らかにありますよね。
    やはり、匿名というフィルターが邪魔しているが故なのでしょうが、顔が見えないからこそしっかりとした言葉を使うべきであると思います。
    そして、何より考えさせられたのが、僕は一部の人間が悪い」と書いていましたが、わさびさんの言う「日本人の悪い部分をスルーしている日本人そのものが問題である」ということ。
    これはやはり日本人は周りの空気に流されやすいという特徴が裏目に出ていると言えますよね。
    結局は日本人全員が事の重大さを理解し、変えていく努力をすることが大事なのでしょう。
    とても参考になるコメント、ありがとうございました!

  3. MAYORO より:

    ネットって
    体罰や暴力の報道には敏感なのに
    言葉の暴力には鈍感ですね。
    Twitterでも暴力反対!と言ってるのにクソリプという名の誹謗中傷のオンパレード。
    特に本人マークの付いた有名人やアスリート、企業・団体のアカウントに対してですね。

  4. god0309 より:

    MAYORDさん、コメントありがとうございます。
    確かに言われてみればそうですよね。
    暴力反対という言葉は所詮建前であって、結局は誰かを誹謗中傷したい・・・という感情を隠している人が多いのでしょう。
    そして、みんながやってるから俺も、私も・・・と広がっていくことで生まれる悪循環。
    まじめな話、これはネットだからという言い訳は通用しませんよね。

  5. 通りすがりの より:

    YouTubeで確かに、日本から見れないのもある。こう考えるならば同じ日本人の間でも日本人のネットマナーが悪いのは有名なんですね。外のマナーが悪いのとどっちが最悪かと言うと実はネット上なんじゃないかな。ネットでの悪事を肯定し何してもいいと考えるのは子供過ぎる。。そんな訳はない筈です。。日々ネットではどれだけの悪意ある言葉が溢れているのだろう?マナーを守ってる人がやめる必要はないし不快になってほしくないんだけど、実際は治安が悪ければ悪い奴が集まるといった感じでネットもそうなんじゃないかな。

  6. 真祖レン より:

    一昔前はまともなユーザーばかりだったらしいですよ。でも、今や、小学生や中学生もYouTube(に限った事ではないが)を利用でき、コメントもできる。しかも、3DSからも利用が可能らしいから子供特有の遠慮のない(はたまた常識のない)コメントが増えていく(実際、YouTube同様に民度が低いと言われてるニコニコ動画の場合、そう言うコメントの類いの大半は3DSユーザーらしい)。ガラケーからスマホ(或いはタブレット)に移り、PCじゃなくてもニコニコ、YouTubeの類いが利用できる様になったからこそなんでしょうね。運営が対処してさっさとマナー悪い人達をBANしてくれれば・・・とは思うのですが。YouTubeのレビューで無能って言われてるからなぁ~。やっぱり、「動画見てもコメントしない」が一番なのでしょうか。

  7. ケロ より:

    コメントをしない、見ないというのが一番かと思われます。私はgoogle chromeの拡張機能を使って、コメント欄自体を消しています。
    ネットなら何をしても良い……という考えの人もいるようですし、実社会と同じように、インターネットも法整備されれば変わるのでしょうか。ネチケットという言葉は、もはや忘れ去られたものでしょう。

    • 真祖レン より:

      「ネットなら何しても良い」というよりは実際、「自分の意見=正義」「自分と異なる意見=悪」という考えが何処かにあって、その自分と異なる意見を持つ「悪」とやらを自分の「正義」とやらで強引にねじ伏せてドヤりたいだけにも思えるんですよね。しかも、そういうコメントって一人がすれば複数人で叩きにくるじゃないですか?結果、多勢に無勢で自分の意見を書く場なのに自分の意見をコメントできなくなる訳ですよ。前に俺は、動画にコメントした(決して批判コメントではなく恐らく普通のコメント)ら何故か大勢からムッチャ叩かれて。それに反論したら「イキってる」「イキりキッズ」とか言われた事あって。それ以来、その手のコメントを見ると「誹謗中傷」で通報してる(がレビュー欄で「運営が無能」と言われてるので効果があるのかは不明)。せめて、運営がもう少し有能で最低限、中傷者を徹底的にBANするかブロックしたユーザーのコメントや動画を一切、表示しない。自身にブロックされたユーザーは、コメントを返信できない様にするかしてくれれば・・・・・・。一度、コメントした本人(←俺)が一切、返信してないのにレスバトルが繰り広げされてた事にはビビった

    • 真祖レン より:

      というより、恐らく「匿名」というのが原因なんでしょうね。そういう礼儀を知らない中学生くらいのユーザーは「ネットなら何やっても良い」という思考なのでしょうが、普段、会社等で言いたい事を言えず、ストレスを溜め込んでる様な人がそのストレスを解消するのにネットで暴言を吐いたりするというのも考えられると思います。まず、リアルバレにさえ気を付ければ罵倒してストレス解消したりも容易ですし、しかも罵倒された側は罵倒した本人をリアルで特定する事は自力では知り合いじゃない限り、ほぼ不可能ですし。罵倒する側としては「どんなに悪口言おうが反撃されない(暴力を受けない)」ですし。まぁ~、実際、何を思って暴言を吐いてるのかは本人達に聞いてみないと分かりませんが・・・

  8. AC より:

    そもそも自分に危害が加えられていないのに他人を批判する必要はないと思う
    なぜ批判することが前提になっているのかがよくわからなかった
    批判するということは相手を意のままにコントロールしたいという支配欲の表れでもある
    自分は何もできないと思っているからこそ、相手をコントロールすることで自分の願望を叶えようとするエゴとも言える
    相手の作った物が気に入らなければ、それこそ見るのをやめるか、望み通りの物を自ら作ればいいだけで、自ら作る能力がないからこそ批判して毒親的に相手を修正しようとしてしまう
    ちなみに、気に入らない物に執着してしまうのは共依存である
    つまり、己の無力を露呈させているわけで、互いを知りもしないで一方的におこなう批判は一種のマウンティングだと個人的には認識してる
    批判をする人間には同じく批判する人間が寄って来てひどいことになるということ
    最初から批判さえしなければ全ては平和なのだ
    この世に求められてもいないのに歓迎される批判なんて1つも存在しないと思う
    音楽が好きなのに音楽を作ることができない人間は音楽評論家になるし、映画が好きなのに映画を撮ることができない人間は映画評論家になる
    弱者が評論家になるということ
    むしろ、誰かを批判をしてマウンティングしないと自分の存在意義を示せない弱者が増えてしまったことのほうが問題だと思う

    あと、批判されてナンボみたいな感じでShamu氏が悪かったみたいに書くのはどうかと思った
    あれって、淫夢とかハセカラと似たようなもので、ネタにしてる側も相当まずいと思う
    実際、Shamu氏らはもはや批判ですらなくなってオモチャにされてるし
    (個人の感想です)

  9. ブラッドペインティング より:

    確かに、今のYouTubeはあまりにも愚かです。iPhoneはクソといっているYouTuberがいて、残酷な悪口で泣きそうになりました。類は友を呼び、コメント欄もそれを推進するコメントで、動画の批判も届かない状況です。こんな奴はねぇ指摘を聞き入れないんですよ。
    匿名化した日常ですね。みんなが仮面をかぶっていて、悪口を言っても誰なのかばれない。怖くて僕はyoutubeアカウントを作ってないですよ。
    頭のいいひとが居ればなぁ