Takaのお気楽堂へようこそ!
このブログは様々な情報を発信する「雑誌ブログ」をモットーに開設しました。
ぜひ気軽に見ていってもらえると幸いです!

パパ活を斬る!

その他

どうも皆さん、Takaです!

今回はTwitterにて前から話題に上がっていたことについて、僕が思っていることをお話します。

限りなくグレーゾーンな「パパ活」

まず、記事のタイトルにもありますが、

皆さんパパ活って知ってますか?

ザックリ言ってしまうと、一昔間で言う肉体関係無しの愛人契約のようなものです。

お金を持っている男性が、

女性とデートする度に食事を奢り、お金を渡すというもの。

パパ活という、一見イクメン的な軽い言葉とは裏腹にドス黒いものでありますが(笑)、法律的な視点では決してアウトではなく、限りなくクロに近いグレーゾーンです。

理由としては、

1.お互いの合意の上である。

2.金銭の譲渡などはプレゼントとして扱われる。

ということが挙げられます。

パパ活に対して思うこと

パパ活」という単語は、昨年からTwitter上で使われたことが始まりです。

その後、テレビなどでも多く取り上げられるようになり、世間に知られるようになりました。

パパ活Twitter上だけでなく、出会い系サイトやLine掲示板などでも多くの募集がされていて、完全に無法地帯と化していたわけです。(昨年までは)

しかも質が悪いのが、パパ活をしている女子たちは

平然とした顔で募集しています(笑)

「私の1時間を2万で買って!」などと身分不相応かつ、完全に男性をATMとみなしているその性根には、もう悪い意味で尊敬してしまいますね・・・

まあ、僕が正直に思うことは、

ただの乞食じゃん(笑)

ということ。

パパ活」という、コンビニ感覚の言葉で緩和しているだけで、やっていることは本当にただの乞食、物乞いでしかありません。

僕の周りでは、コンビニとか飲食でバイト頑張ってる女の子が沢山いる中(というかそれが普通やな(笑))、一部の甘えた根性を持った子を見ると、

「あんたらプライドないの?(笑)」

と思ってしまいますねー。

パパ活女子を支えるパトロンの男性たちも同じ。

「あんたらお金なかったらただのおっさんやからな?(笑)」

と思いますね(笑)

結論

最近はTwitter上でも、パパ活の取り締まりが厳しくなっているようです。

やはり世間的には許しがたい行為であるとされているようで内心ホッとしております。

まあ、結論を述べますとね、

パパ活やってる子っていうのは

頭のネジが外れちゃってる子

ということです(笑)

*この記事では女性を蔑視するものではありません。

僕自身女性には優しく接しますし、母のことも大好きです(マザコンじゃないよ~(笑))。


その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takaをフォローする
スポンサーリンク
Takaのお気楽堂

コメント