Takaのお気楽堂へようこそ!
このブログは様々な情報を発信する「雑誌ブログ」をモットーに開設しました。
ぜひ気軽に見ていってもらえると幸いです!

新元号「令和」を予言してた未来人が発見された件について

オカルト

どうも皆さん、Takaです。

ついに平成に代わる新元号が発表されましたね。

その名も「令和」!

どことなく独特な響きでありますが、「和」という字が入っていることでとても日本らしさが感じられますよね。

各メディアでは日本に新しい時代が到来したことで沸いておりますが、一方で新元号を2016年に予言していたという意味深なツイートが発見されたことが話題になっています。

スポンサーリンク

タイムリープしてきた未来人?

Twitterより引用

これは2016年7月13日に投稿されたツイート。

平成の次に書かれた「令和」という文字・・・

ここまでピンポイントに言い当てているのは偶然とは思えませんよね。

ネットではこのツイートを投稿した「しゃん」さんは未来人なのではないかという説が上がっています。

「そんなわけない。」

「ただの偶然だ!」

など、オカルト否定派の人にとってはそう考えてしまうのも無理はないでしょうけど、僕はかなり未来人説の信憑性が高いと思うんですよ。

しかも2016年といえば、タイムリープをテーマとした新海誠監督の「君の名は」が公開された年。

こじつけではありますが、考察の余地がありますね・・・

スポンサーリンク

予言者の多くがインチキ

この驚愕のツイートを投稿していた「しゃん」氏以外にも、ネット上で新元号を予想していた人は数多く存在しています。

代表的な予言者として、未来人・原田氏が挙げられます。

この人は、

1.2058年から来た。

2.タイムマシンで現代に来た。(テスラコイルを応用した技術)

3.2013年に行く前に「2ちゃんねる」の存在を知った。

4.東日本に滞在している。

という普通に考えると現実離れしたことを語っていました。

未来人・原田は質問者のQ&Aに対する答えとして、こんな予言を回答していたのです。

もちろん、この予言は現在決定された元号とは全く異なるものであり、ただのインチキであったことが発覚します。

また、アルメニアの超能力者ハガ・ユスチノフ氏も元号を予言していました。

ユスチノフ氏の予言はこちら。

「永安」「建正」

結局、どちらの予言も外れてしまいました・・・

スポンサーリンク

案外一般人に予言者は紛れてるのかも

超能力者「自称」未来人がことごとく予言を外す中、

予言を的中していたのは2016年に投稿された一般人のツイートでした。

これはもうまぐれとか単なる偶然では片づけられないように思いますね。

オカルトの専門家などのその筋に詳しい人よりも、一般人の中にこそ予言者は一定数存在しているのではないでしょうか。

いずれにせよ、「しゅん」氏のツイートは今後も注目されることは間違いないでしょう。


オカルト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takaをフォローする
スポンサーリンク
Takaのお気楽堂

コメント