ようこそ、ゲストさん!

ヒカル氏に対する嫌がらせ事件から社会的制裁について考えてみた


どうも、Takaです。

今回は有名起業家であり、You tuberのヒカル氏がVALU詐欺で現在炎上している件についてお話しようと思います。

まずはヒカル氏について

ヒカル氏について簡単に説明すると、お祭りにあるくじ引き屋に当たりがあるのか

検証するという動画で一躍有名になったYou tuberです。

これが参考の動画です。


当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します

いいことをしているのか、悪いことをしているのか、度々議論されているヒカル氏の動画ですが、VALUの詐欺騒動によってついに外野の声が爆発してしまったようです。

VALU詐欺騒動についての詳細

(大物YouTuberとして人気を博していた、ヒカルさん、ラファエルさん、「禁断ボーイズ」いっくんさんなどがVALUに参入し、彼らが発行し手がけていたVAが不当な手段で値段を釣り上げられていた問題が勃発。ネットコミュニティから金融クラスタ、果ては日弁連まで出てきて壮大な騒ぎに発展してきました。

かなりの混乱もきたしており、多数の通報が警察当局に寄せられているそうで、来週、早い段階で大きな動きがあるかもしれないとのことです。

この問題の経緯だけで言うならば、VALUで発行したVAの値段を釣り上げる目的でヒカルさんがVA購入者に対して優待を仄めかし、値段が上がってVA購入者が増えたあとで優待を記述したコメントを消し、そしてヒカルさんや関係者が持つVAの大量売却を行い、5,000万円以上の利益を得た形となります。もしも現在提示されている一連の事項が事実であるならば、現段階でどのような釈明をヒカルさんやその関係者がしようと詐欺的行為を行って不当な利益を得たという懸念は揺るがないことになります。

一番の問題は、騒動が発生しなければこのヒカルさん一派は5,400万円あまりの収入を返還したり補償に使うことはなかったであろうという点で、問題が起きた当初は事態を軽く見たのか「規約違反にすぎず犯罪ではない」という書き込みすらも行っていました。もちろん、外形的には典型的な詐欺事案に見えるうえ、初動で甘い対応を行ったことで詐取の意図がなかったとはいえないかもしれません。

すでに日経新聞など一部の報道機関も一連の事項についての有識者コメントを出しておりますが、VALUの仕組み的な欠陥を付く形によりVAの価値を釣り上げ、それをVA発行人が悪用する形で巨額の現金をBTC経由で引き出す仕組みが攻略されてしまっているため、おそらくはいったんすべてのVALUによる取引を差し止め、リセット再始動しない限り解決は極めて困難な状態に追い込まれているのではないかと愚考するところです。)

(Yahooニュースより引用)

今回の嫌がらせについて僕が思うこと

詐欺騒動に恨みを持った、あるいは便乗した人々がヒカル氏の住所を悪用し、山口組本部宛てに牛糞を代引きで送りつける、アヒルを大量に送りつける、イスラム教のコーランを燃やす、実家に突撃するなどの嫌がらせを行っているとのことです。

この騒動に端を発する嫌がらせについて僕が思うのは、

いくらなんでも度が過ぎているのではないかということ。

確かにヒカル氏、ラファエル氏、禁断ボーイズのいっくん氏がしたことは笑って済ませられるものではありません。

You tuberという、視聴者に影響を与える側として責任はしっかりととるべきであると思います。

しかし、いくら悪いことをしたからといって、

本人ではなくその家族まで巻き込むのは邪道ではないでしょうか。

ヒカル氏の件だけでなく、最近のネット上における度を越した行為が度々繰り返されますが、僕が正直に思ったのは「ネットが悪用され過ぎている」ということです。

そして同時に、

いかに匿名であるということが恐ろしいのか

ということですね。

匿名であれば何をやってもいいんだという考えがネット上に蔓延しすぎていて、善悪の区別がついていない人が非常に多いと思います。

今回の件の場合、社会的制裁というより最早悪質な嫌がらせであり、立派な犯罪行為です。

ネットというのは正しく使えば非常に便利な代物ですが、悪意を持って使うとき危険な棘へと変貌してしまいます。

やっていいこと、悪いことを僕たちは常に意識していかなければならない

と僕は思います。


You Tube
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takaをフォローする
スポンサーリンク
Takaのお気楽堂

コメント