Takaのお気楽堂へようこそ!
このブログは様々な情報を発信する「雑誌ブログ」をモットーに開設しました。
ぜひ気軽に見ていってもらえると幸いです!

ネット恋愛に対する偏見なんて気にしなくていいです

ネット SNS

どうも皆さん、Takaです。

皆さんは誰かとネットで知り合い、実際に会ったことはありますか?

現在はTwitterなどのSNSで全く知らない人と簡単に繋がることが可能で、実際にネットで恋人や友達を作っているという人は増えています。

ゲームやアニメファンといった共通の趣味を持つ人たちのオフ会などもそうです。

これは一昔前までは考えられなかったことですよね。

本当にすごい時代になったものです。

ただ、一方で未だにネットで出会うことに対して偏見を持っている人は一定数存在していることも、残念なことにまた事実です。

特に、恋愛や結婚といった男女関係については未だに根強い偏見があります。

スポンサーリンク

ネットで知り合った人なんてやめておけという風潮

一昔前まではネットで知り合うといえば、出会い系サイトが主流で、ややアンダーグラウンドな印象を持たれていました。

実際に詐欺やサクラといった手口を使い、会員からお金をだまし取るようなサイトもあったようです。

しかし、現在では「出会い系サイト」ではなく「マッチングアプリ」というものが登場、クリーンなものが主流となり、実際に女性も多く登録しています。

「Pairs」「Omiai」、メンタリストのDAIGO氏が監修する「With」などのマッチングアプリは、You Tubeなど様々なメディアで宣伝されていますので、名前だけなら聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

これらのアプリはFace Bookのアカウントと紐付けして作ることになっているため、悪質な業者や犯罪者などを徹底排除することに成功しています。

そのため、女性も安心して使えるようになっているんですね。

ただ、ネットでは「これらのマッチングアプリで恋人と知り合った」と親や友達に言うと、

「大丈夫なの・・・?」

「身元がわからないなんて怖いからやめておいたほうがいいよ」

などの返答をされたという人が多くいます。

もちろん、彼らは心配して言っているのでしょう。

しかし、これは完全にネットに対する偏見です。

世間では未だに「ネットでの出会い」=怖い、不安

など、ネガティブなイメージが付きまとっています。

スポンサーリンク

どこで出会うかなんて関係ない

そもそもなぜ、ネットでの出会い=悪という風潮があるのでしょうか。

マッチングサイト以外の出会いの場といえば、主に合コンや街コンなどのイベントが挙げられますよね。

最近であれば相席屋なんてのもあります。

ただ、個人的にはこれらの出会い方でも所謂ヤバい人と知り合う可能性は十分にあると思うんです。

にも関わらずネットでの出会いは偏見を持っている人が多いのは、彼らにとってネットでの出会いが「非常識」だからでしょう。

ただ、その「常識」は誰が決めたものなんでしょうか?

それは裏を返せばただ「無知」なだけということだと思うんですよね。

スポンサーリンク

結論・言わなければいい

さて、ここまでネットでの出会いに対する偏見についてメスを入れる姿勢でお話したわけですが、結論としては「ネットで出会ったということを言わなければいい」ということなんですよね。

「はぁ???」

と思われることも多いかもしれませんが、「ネットの出会い=悪」という偏見を持つ人がいるのが現実ですし、彼らの考えを変えることは簡単ではありません。

そもそもどこで、何を使って出会おうがそれは個人の自由であり、誰かが決めることではないのですから、適当にはぐらかせばいいんです。

結局、本人が幸せであればそれでいいんですから。

最後まで読んでいただきありがとうございました!


ネット SNS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takaをフォローする
スポンサーリンク
Takaのお気楽堂

コメント