Takaのお気楽堂へようこそ!
このブログは様々な情報を発信する「雑誌ブログ」をモットーに開設しました。
ぜひ気軽に見ていってもらえると幸いです!

10万円給付金はベーシックインカムの実験になるのかって話

お金

どうも皆さん、Takaです。

世界では未だに新型コロナウイルスが猛威を奮っており、自粛ムードが続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

皆さんご存知の通り、日本でもついに補償として給付金10万円を国民1人ずつに支給されることが決定したことは記憶に新しいですね。

この自粛生活の中でやっと経済的な補償がなされるということで、少しの不安は解消されるのではないでしょうか。(コロナ収束後の増税は否めませんが・・・)

さて、今回は給付金つながりでお金のお話をしょうと思います。

今回の本題はタイトルにあるようにベーシックインカムについてです。

スポンサーリンク

ベーシックインカムって何?

まずは、

「そもそもベーシックインカムって何ぞや?」

という人に簡単に説明すると、

「政府が国民が必要最低限の生活を送るために必要とされる額の現金を定期的に支給するという政策」

になります。

いわば、老若男女国民全員が受け取り可能な生活保護のようなものです。

ある意味不労所得ともいえます。

日本であれば、2ちゃんねる創設者のひろゆき氏がベーシックインカムを推奨していることで有名ですね。

ひろゆき ひろゆきベーシックインカム論


スポンサーリンク

10万給付金がベーシックインカムのモデルになるか?

最近ではサッカー元日本代表選手の本田圭佑氏が非常に興味深いツィートをしたことが話題になりました。

「10万円給付金がベーシックインカムの実験になる」ということで、

多くの人がコメントを述べていますね。

本田氏はさらに、「日本ほど著名人が政治について議論しない国はないよね」とバッサリと意見しています。

確かに、発言に影響力のある著名人が政治について話すことで国民の関心を促すことは十分に可能だと思うので、この発言は非常に的を射ていますよね。

実際にSNSで著名人の投稿などが気軽に見れる現代だからこそ出来るわけですよ。

ただ、今回の給付金は今後継続的に支給されるわけではないので、あくまでも「実験」に留まることは否めませんよね。

さらに日本ではベーシックインカムは現実的ではないという事実があります。

これは、財源的な問題意外にも日本の労働価値観も障壁として立ち塞がっているので難しいところ。

しかし、今は国際社会ですので、世界的にベーシックインカムが導入されるようになっていけば、変わってくるかもしれません。

まずは海外の先進国でベーシックインカムを簡易的に導入し、軌道に乗せることで風向きを変えること、また結果として導入されることになったとしても継続的ではなく、定期的に支給することが先決になるでしょう。

現在ではイギリス、フィンランドがベーシックインカムを導入する動きを見せているので、今後どのような結果になるのか気になるところですね。

スポンサーリンク

もしベーシックインカムが導入されたらどうなる?

さて、今回のコロナショックを受けて、仮にベーシックインカムが導入されたとしたら、

おそらくこの動画にあるような天国か地獄のどちらかになるでしょう。

【マンガ】もしも国民全員がお金をもらえたら?! ベーシックインカムが導入されるとどうなるのか?

結局のところベーシックインカムが実現されたとしても、それに甘んじるなということですね。。

あくまでも必要最低限の生活費の補償であり、働くことを完全に絶ってしまうのは国の堕落に繋がることは避けられないのです。

理想としては、ひろゆき氏が述べている「労働時間を短縮し、空いた時間を使って人間にしか作れないものを生産、開発する」ということですが、こればかりはベーシックインカムが実際に導入されてみなければどう転ぶか誰にもわかりません。

結局生産性のない人間は淘汰されていくことには変わりはないので、自分の頭でしっかりと考え、行動していくことが重要なわけです。

今回のコロナショックで、世界の常識が大きく変化しようとしている中、自分に何ができるのか試行錯誤していくしかないのでしょう。



お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takaをフォローする
スポンサーリンク
Takaのお気楽堂

コメント