Takaのお気楽堂へようこそ!
このブログは様々な情報を発信する「雑誌ブログ」をモットーに開設しました。
ぜひ気軽に見ていってもらえると幸いです!

名古屋港水族館の寿司ネタ展示がシュールすぎると話題!

エンターテイメント

どうも皆さん、Takaです。

今回はニュースを見ていて見つけた話題についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

突然の「寿司ネタ」展示

水族館といえば様々な種類の魚などの海洋生物が展示されている大きな施設ですよね。あち

展示されているのはもちろん、「生きた魚」なわけですが、

名古屋港博物館ではなんと、「魚たちの変わり果てた姿」が展示されています・・・

少しサイコな言い方ですが、その姿というのが、

「寿司ネタ」

「え、なんで寿司ネタ?」とツッコミたくなりますが、

水槽には長蛇の列が・・・

もちろん、お寿司を食べるため・・・ではなく、展示を見に行く列ですよ(笑)

スポンサーリンク

ねらいは食育!

担当飼育員の岡本仁氏によると、

日本の伝統的な寿司と生き物を結びつけ、「命を頂いている」という実感を持ってもらうこと

がねらいだそうです。

確かに普段何気なく食べているお寿司も元々は生きていたんだよな・・・

まだよくわかっていない子どもたちにも「大切な命を頂く」ことの重要さを伝えられそうですね。

こういう食育ってやっぱ大事ですよ!

スポンサーリンク

開催期間は?

さて、気になる開催期間ですが、

生きている魚と合わせて展示されている「寿司ネタ」企画は6月2日まで開催されています。

今年はゴールデンウィークが10連休ありますし、ぜひ家族で、カップルで行ってみるのもよさそうですね!


エンターテイメント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takaをフォローする
スポンサーリンク
Takaのお気楽堂

コメント